猫と我々

川に捨てられた子猫3匹を拾って育てるケーススタディ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

★ 動物実験していないキャットフード ★
3年連続ペットフード・オブ・ザ・イヤー受賞の世界トップレベルの猫用ドライフード!新鮮なお肉...
キャットフード オリジン【15%OFF】【送料無料キャッ...
19年前から安全健康の為『こだわりフード』提供店、自信の品!アカナ グラスランドキャット2.5...

手作りおもちゃ「フェルトde蝶々」

洗えるフェルトで蝶々を作って猫じゃらしにしてみまちた。

フェルトは羊毛ではなくポリエステル100%どえす。

蝶々のお尻に絶妙な長さのヒラヒラを付けることで、じゃらしを振り回した時の蝶々の飛行が安定いたしました。

このヒラヒラした魅惑の動きに釣られない猫さんなどこの世に存在するはずがない。

★猫パンチ ライト


★猫パンチ レフト


★再び猫パンチ ライト!

メンズはじゃらしなら何にでも飛びつきますが、三毛猫さんはお魚のじゃらしよりも蝶々みたいな薄い形のものがヒラヒラ飛んでいるじゃらしの方が好きみたい。

★フェルトdeおもちゃ

チワワズは蝶々よりも針山みたいな形のものの方が好きだ。

おもちゃを作る最中は三毛猫さんが至近距離で見守ってくださります。


★フェルトdeお魚

フェルトには猫ズの抜け毛などが付着しやすいという難点がございますが、切り口のほつれがないから手軽におもちゃ作りを楽しめるのだ。

おもちゃは消耗品だから、血塗られたウサギ毛なんかで作られた残酷な市販のおもちゃなど買わずに、安心素材でお安くちゃちゃっと作るのが賢明にゃみ!
<< 猫アクネ | TOP | 「ナイスいさはや」は動物愛護に無関心 #isahaya >>

スポンサーサイト

おもちゃのハンドメイドか……考えたことはあっても、技術がありましぇん。
| さるねこ父 | 2012/09/09 11:54 PM |
>さるねこ父さま
技術的には針に糸が通せれば問題ないんですけど、近頃はスイーツ男子とか男の娘とかそういう風潮もあるみたいだから、お裁縫男子として猫活動を盛り上げて行けば・・・え?
| 我々 | 2012/09/11 11:07 AM |


http://catxxxxxx.jugem.jp/trackback/665
>> 関連記事
<< May 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
★ おすすめ猫砂 ★
【あす楽対応】【送料無料】【お得!4個セット】猫砂トフカスタブ 7L 【小さく固まり経済的、...
ぽちっとな
にほんブログ村 猫ブログへ
★ 参考図書 ★

このページの先頭へ