猫と我々

川に捨てられた子猫3匹を拾って育てるケーススタディ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

★ 動物実験していないキャットフード ★
3年連続ペットフード・オブ・ザ・イヤー受賞の世界トップレベルの猫用ドライフード!新鮮なお肉...
キャットフード オリジン【15%OFF】【送料無料キャッ...
19年前から安全健康の為『こだわりフード』提供店、自信の品!アカナ グラスランドキャット2.5...

参考図書「野生ネコの百科」

似ているようで似ていないようで似ているようで似ていな・・・略

「野生ネコの百科 [第4版]」
・1992年6月30日 初版第1刷発行、2011年11月22日 第4版第1刷発行
・著者 今泉忠明
・発行所 株式会社データハウス

カラー写真で詳しく紹介されており、迫力満点の野生ネコ科動物を通して我家の猫ズに思いを馳せると、とっても面白い。

だいたい私はトラとかヒョウとかチーターとかジャガーとか、この本の表紙のネコ科動物が何か、イマイチ区別がつかない。

表紙のネコ科動物は、縞模様ではなく斑点模様だから、まずトラではないし、ライオンでもないし、目頭からの涙状線がないからチーターでもない・・・と、ペラペラとページをめくって、ようやく表紙のネコ科動物が「ヒョウ」だとわかりました。これがヒョウか!

ヒョウはトラやライオンに比べるとはるかに小形で力も弱いが、彼らよりもずっと洗練された狩りをし、特定の獲物に好みをもつ性質の偏食家故に一度人間肉の味を覚えると始末に終えなくなり、かつては1カ所で200人が犠牲になった記録があるそうだ。

もし山の中で遭遇しても、うちの猫ズと似ているとか似ていないとか悠長なことは言ってられないぞっ

★大型ネコ科動物には特に鼻筋に迫力を感じる

我家の茶トラさんのこの写真の目の形は少しヒョウさんと似ている(ような気がする)

イエネコの先祖と言われるリビアヤマネコも紹介されていた。
野生のものは子ネコの時から飼っても飼い馴らすことが出来ないらしく、“イエネコの家畜化は言葉では言い尽くせない苦労があったはずなのである”とのこと。

そこまでして猫を家畜化して利用し、人間に頼らないと生きていけなくしておいて、今度は増えすぎたからと言って殺処分している。とんでもなく身勝手だ。

ネコ科動物はすべての種が絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関するワシントン条約で国際的に保護されているそうだが、森林・原野の開発や美しい毛皮目当ての密猟で激減し、既に絶滅したものや、その危機に瀕したものも少なくないとのこと。

馴染みのあるチーターも絶滅危惧種らしい。

わしの元で無邪気に暮らす3匹の猫だって、社会情勢や自然災害などで変化が起きた時、明日はどうなるか分からない、といった不安が時折よぎる。

だから、混乱期でも動物が蔑ろにされず人間同様の権利を主張できるように、日頃から動物の権利を周知しておく必要があると思われる。難しい。
<< 参考図書「小さな命を私は救いたい」 | TOP | 「黒猫4兄妹」8/19譲渡会 >>

スポンサーサイト



http://catxxxxxx.jugem.jp/trackback/648
>> 関連記事
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
★ おすすめ猫砂 ★
【あす楽対応】【送料無料】【お得!4個セット】猫砂トフカスタブ 7L 【小さく固まり経済的、...
ぽちっとな
にほんブログ村 猫ブログへ
★ 参考図書 ★

このページの先頭へ