猫と我々

川に捨てられた子猫3匹を拾って育てるケーススタディ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

★ 動物実験していないキャットフード ★
3年連続ペットフード・オブ・ザ・イヤー受賞の世界トップレベルの猫用ドライフード!新鮮なお肉...
キャットフード オリジン【15%OFF】【送料無料キャッ...
19年前から安全健康の為『こだわりフード』提供店、自信の品!アカナ グラスランドキャット2.5...

参考図書「小さな命を私は救いたい」


「動物愛護運動・8の方法 小さな命を私は救いたい」
・1994年9月1日 初版発行
・編者 猫の手帖編集部
・発行所 株式会社どうぶつ出版

「猫の手帖」の連載に登場した、個人レベルで活動している8組の運動家の手記。

〔メモ〕
第1章 - 町田動物友の会 太田はる子 88年7月〜12月号掲載
哀れな動物を増やさないことは、避妊手術以外にないと確信をもって言える。
今から40年くらい前の1970年頃には野良猫の避妊手術をしている方がいたそうです。

第2章 - 動物たちの会 レナーテ・ヘロルド 89年1月〜6月号掲載
動物虐待などの悪人をこらしめる段階的方法(町内会長経由で電話・虐待現場あたりにポスター、弁護士経由で申し入れ書)や実に簡単な告発(書留か内容証明で近くの検察庁へ)の仕方など実践的な内容。「小さな友だちのために」という著書には動物愛護のいろはが詳しく書かれているとのこと。ふむふむ

第3章 - 自然と動物を考える市民会議 矢鍬真佐子 89年7〜12月号掲載
1979年「東京都動物の保護及び管理に関する条例」の成立で、八条の“猫の室内飼育”を“迷惑をかけない様に飼育”へ変更させた奮闘など。“長崎市の残虐ぶりは名高い”とか!

第4章 アニマルライトセンター 山田佐代子 90年1月〜6月号掲載
動物実験、毛皮、原発、20年以上経った今とあんまり変わってないような・・・
再び悪名高い長崎市の話題になって、『長崎市動物保護の会』の尾山セツ子さんも紹介されており、犬猫100匹を抱えてパワフルに活動していたそうです。今はどうされているのだ?!
そして我が町諫早には『不要犬猫BOX』なるものがあったらしい。悪名高いね!

第5章 藤田ワンニャン会 藤田美千子 90年7月〜11月号掲載
900匹を抱え込み、メディアで海外でも取り上げられ、ブリジットバルドーさんやフランスのドッグフードメーカーからも支援されるほど有名みたい。賛否両論だろうけれど、腹のくくり具合が凄い。

第6章 小野絵里 92年1月〜3月号掲載
“他人に依存しないで!”

第7章 動物を守る会 青山裕子 93年3月〜8月号掲載
野良猫問題はやっぱり今も昔もあんまり変わっていないような・・・

第8章 動物保護行政の改善を求める会 佐上邦久・悦子 94年4月〜6月号掲載
大阪府議会に平成6年度中の犬猫の実験動物への払い下げの廃止を決めさせたそうです。
行政に抗議しても対応してもらえない場合は、役所の人事部考査係や行政監査局へ、法の遵守を求める市民に対し行政がいかに非協力的かを訴えると同時に、あらゆるマスコミへもいいつけるなどの諦めない姿勢が大切みたい。

動物たちや動物愛護活動をする人々の置かれている状況などが昔も今もあんまり変わってないように見えるのは、それは私が何も知らないだけで、血の滲む思いで活動してくださった方のおかげで着実に変わっています。

“それがたとえ1匹でも、その1匹にとってはどんなに大きなことか、いうまでもないことです。”

“本当に動物を救いたいならば、自分の近くにいる1匹をどうすれば助かるかを考えることです”

たまにわからなくなりますからね、どうしてか、たまに、しょっちゅう、わからなくなりますからね、そんな時は自分の近くにいる1匹のことを考えることにしますです。人間だもの。にゃまはげ
<< 参考図書「とんがりあたまのごん太」 | TOP | 参考図書「野生ネコの百科」 >>

スポンサーサイト

今から20年前の話だと、もはや古代史の世界ですね。それでも、多くの団体が名前や性格を変えながら現在も残っていること、そしてまた(ちょっとネット検索をかけるだけでも)少なからぬ批判にもさらされていることがわかって興味深いです。読んでみようかな。

長崎市動物保護の会についてははっきり知りませんが、なかば伝承として、「かつて長崎でねこ(いぬねこ?)の保護をやっていた女性が、多頭飼い崩壊して、保護していたねこ(いぬねこ?)を全部リリースしてしまうという事件があった」という話を聞いたことがあります。どこまでどの程度ほんとかはわかりません。

保護〜里親さがしの団体については、これまでもいくつもの団体が多頭飼い崩壊を重ねるという苦い過去があって、それを他山の石にしながら、全国の団体がどうにか自制しようと試みている、という印象を持っています。
| さるねこ父 | 2012/08/18 11:57 PM |
>さるねこ父さま
ふぎゃ! 長崎の方が多頭飼い崩壊とかいう結末だったら残念。
詳しくは書かれていませんが、当時、既に年配の方だったみたいで、他にもいたグループも徐々に減っている状況だったようではあります。

例えこの尾山さんが多頭飼い崩壊していたとしても、そもそもを考えると、尾山さんは身勝手な人間の尻拭いをしていたというか、話は飛ぶけれども、行政には生体販売をまず規制して欲しい。
| 我々 | 2012/08/19 3:02 AM |


http://catxxxxxx.jugem.jp/trackback/647
>> 関連記事
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
★ おすすめ猫砂 ★
【あす楽対応】【送料無料】【お得!4個セット】猫砂トフカスタブ 7L 【小さく固まり経済的、...
ぽちっとな
にほんブログ村 猫ブログへ
★ 参考図書 ★

このページの先頭へ