猫と我々

川に捨てられた子猫3匹を拾って育てるケーススタディ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

★ 動物実験していないキャットフード ★
3年連続ペットフード・オブ・ザ・イヤー受賞の世界トップレベルの猫用ドライフード!新鮮なお肉...
キャットフード オリジン【15%OFF】【送料無料キャッ...
19年前から安全健康の為『こだわりフード』提供店、自信の品!アカナ グラスランドキャット2.5...

歌舞伎エリアの猫さんが潜む水路

歌舞伎エリアの黒猫さんです。

以前は二匹の黒猫さんがいつも一緒にいて、木登りをしたり畑で遊んだりしていましたが、どうやら一匹はこの近くのお宅の猫さんみたいです。

窓の外でじーっと座って待っていて、家の人が窓辺に近づくとすかさず窓に飛びついて「開けて!」と伝えて、ちゃーんと開けてもらって中に入っていました。

その一部始終を遠くから見ていたのですが、黒猫さん、かーなーり可愛かったです。

黒猫さんの写真を撮っていると、先日交尾していた歌舞伎みたいなメス猫さんがぴょこんと現れました。

私もそろそろ猫と話せるレベルに達していますので、小さく「にゃー・・・」と声を掛けてみました。

満更でもない様子です。

黒猫さんが塀から降りて近寄って来ました。

猫嫌いのチワワ(大)にガウられますけども、すみません。

歌舞伎エリア辺りには水田があるので水路があちらこちらと繋がっているらしく、今の時期は水田に水が引かれていないので水路にも水が無く、チワワ(大)が吠えて教えてくれたのですが、この水路に黒猫さんが潜んでいました。

草がボーボーでいかにもノミやダニなどの痒そうな虫が沢山いそうです。

畑の脇にある水路への入り口。

交尾をしていた歌舞伎みたいなメス猫さんがチワワ(大)の妨害も虚しく妊娠しているかもしれませんが、まだお腹は膨らんでいませんでした。

川や畑など自然が豊かで食べ物が豊富な田舎で、暑さ寒さが凌げて、住民に嫌われることなく自由気ままに生きていけるのなら、それはそれで理想的で羨ましいなーと思います。

我家の三毛猫さんはお外に出たくて堪らない性分で、私が玄関へ行くと「にゃっにゃっ」と鳴きながら走って先回りして、「私も行く! 私も行きたい!」とにゃぁーにゃぁーんーんーと鳴いて、玄関でごろーんごろーんして、ぴょーんと飛んで私の腰辺りに爪を刺して、「痛い痛い」と言っている隙に肩までよじ登り、出発する気満々なんですから。にゃみ!
<< 参考図書いろいろ泣ける | TOP | ドライフード「バプトル ウルトラホリスティック キャット」 >>

スポンサーサイト



http://catxxxxxx.jugem.jp/trackback/582
>> 関連記事
<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
★ おすすめ猫砂 ★
【あす楽対応】【送料無料】【お得!4個セット】猫砂トフカスタブ 7L 【小さく固まり経済的、...
ぽちっとな
にほんブログ村 猫ブログへ
★ 参考図書 ★

このページの先頭へ