猫と我々

川に捨てられた子猫3匹を拾って育てるケーススタディ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

★ 動物実験していないキャットフード ★
3年連続ペットフード・オブ・ザ・イヤー受賞の世界トップレベルの猫用ドライフード!新鮮なお肉...
キャットフード オリジン【15%OFF】【送料無料キャッ...
19年前から安全健康の為『こだわりフード』提供店、自信の品!アカナ グラスランドキャット2.5...

今日の収穫と茶トラさん

家庭菜園の野菜をちょこっと収穫(=^ェ^=)

小さいジャガイモは土の上に出てきて太陽にあたってしまったせいでソラニンの毒味が満ち満ちてえぐみ満載。

苦いし、喉がピリピリ痛くなり、お水やお茶を沢山飲んでもしばらくピリピリが続き、新ジャガのはずなのになかなかの危険な代物でした。

エンドウ豆、キュウリ、小さいニンジンと茶トラさん。

今日も自然農を推進すべく、畑を耕さないで! 収穫した野菜の茎や葉はそのまま畑に置いといて! と言ってみましたがやっぱり分かって貰えません。

掘り取ったジャガイモ跡地をせっせと耕しながら「そんなこと言っても、みんな耕しているだろうが」と言うので、「だからみんな貧乏なのだよ」と売り言葉に買い言葉で俗物には俗物を的に発したところ、それは一理あると思ったのか反論はされなかったがよく考えると自然農は「足るを知る」という考え方だから、多分きっと自然農もどちらかと言うと貧乏かも。にゃは。

でも心の満たされ具合が足りているから有り余る富はなくとも心は貧しくないはずだ。

耕した場所を見て、「耕すと命の営みが途絶えるから! 」と言いたいところを(恥ずかしいから)ぐっと我慢して、「あー、もう死んだ。」程度に抑えましたが、それも微妙に響いたのか、半分耕してあとの半分は耕さずに茎や葉も残してくれた。

もう少し言い続けていけば耕すことに罪悪感を感じ始め、肥料もやめ、自然農法を受け入れるであろう。

小さな家庭菜園ですら肥料や耕すことから抜け出すのは容易ではないのだから、バリバリの農家の皆さんなら尚のことですわよね。足るを知れば幸せなのに。

犬の散歩中に小さいヘリコプターみたいな大きなラジコンで農薬を散布してるところに出くわすと、今この空気、吸いたくないなー怖いなーと思いながら通り過ぎる。

自然農田となれば、農薬も肥料も使わないから自然を汚染せず、ノラ猫が安心して食べられる虫や小動物がいて、身も心も健康でのどかに過ごせる田舎が出来あがるのどぅわ! 机上。
<< 猫さんの抜け毛入りおもちゃ | TOP | 猫砂の好み >>

スポンサーサイト



http://catxxxxxx.jugem.jp/trackback/579
>> 関連記事
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
★ おすすめ猫砂 ★
【あす楽対応】【送料無料】【お得!4個セット】猫砂トフカスタブ 7L 【小さく固まり経済的、...
ぽちっとな
にほんブログ村 猫ブログへ
★ 参考図書 ★

このページの先頭へ