猫と我々

川に捨てられた子猫3匹を拾って育てるケーススタディ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

★ 動物実験していないキャットフード ★
3年連続ペットフード・オブ・ザ・イヤー受賞の世界トップレベルの猫用ドライフード!新鮮なお肉...
キャットフード オリジン【15%OFF】【送料無料キャッ...
19年前から安全健康の為『こだわりフード』提供店、自信の品!アカナ グラスランドキャット2.5...

46日目「犬が猫に吠えなくなってきた」

3匹とも頻繁に下界へ降臨するようになった。

我家の愛くるしいだけの愛犬は、子猫を咬むことはありませんが、ほんのり残っている狩猟本能により、最初は猫を気にして吠えたり、小突いたり、追い詰めたりしておりましたから、様子をみて子猫を机の上に戻しておりましたが、でも子猫はたいして怖くもないようで、むしろ楽しんでいるようで、再びすぐに下界へ降臨してきます。

そのうち犬もなれてきたのか、子猫3匹で追いかけっこをしていても気にしなくなり、たまに追い掛けたり、思い出したかのように少し吠える程度になりました。すごい進歩!

怖れ知らずの子猫たちは、犬の様子をうかがいながら、子猫同士がするような狩り遊びを犬にもけしかけていました。

しかも子猫たちは空気が読めるお子さんたちで、「ごはんだよー」とか「おいでー」と呼ぶとちゃんと物陰から出てきて集まって来たり来なかったりもします。
お腹の空き具合によるのかもしれません。猫ってそういうものでしょ。ニャミッ
<< 離乳食「ネコだいすきフリスキー」 | TOP | 今日の白茶の寝姿 >>

スポンサーサイト



>> 関連記事
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
★ おすすめ猫砂 ★
【あす楽対応】【送料無料】【お得!4個セット】猫砂トフカスタブ 7L 【小さく固まり経済的、...
ぽちっとな
にほんブログ村 猫ブログへ
★ 参考図書 ★

このページの先頭へ